カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

TOMYTEC 鉄コレ 国鉄103系3000番台 非冷房・川越線 3両セット※12月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

TOMYTEC 鉄コレ 国鉄103系3000番台 非冷房・川越線 3両セット※12月発売予定予約品※

メーカー希望小売価格:
4,860円(税込) 13,176円(税込)
ご予約価格:

4,131円 (税込) 11,491円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

ご予約価格

在庫

購入

車両のみ

4,860円(税込)

4,131円 (税込)

Nゲージ化加工品(パーツ取り付け無し)

13,176円(税込)

11,491円 (税込)

Nゲージ化加工品(パーツ取り付けあり【別料金】)

13,176円(税込)

11,491円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
103系3000番台は、1985(昭和60)年の川越線の大宮−高麗川間の電化開業に伴い、仙石線で余剰となった72系アコモ改善車を新性能化改造した車両です。103系化にあたり、103系の予備部品の見直しで捻出した電動台車や、101系の廃車発生部品を利用した付随台車などを利用して改造を施されました。川越線時代は3両編成で運行されており、ラッシュ時にはサハ103を増結した4両編成もみることができました。1996(平成8)年に八高線の八王子−高麗川間が電化されると川越線と八高線は直通運転を開始、この際にサハを連結した4両編成が基本となり、増発用に一般車から改造した103系3500番台も登場しました。その後、209系と共に活躍を続けてきましたが2003(平成15)年から205系の投入が開始され運用が縮小しました。さらに、りんかい線から転用改造された209系3100番台の投入に伴い、2005(平成17)年10月に営業運転を終了しました。
製品は川越線電化開業時の姿を製品化します。
動力ユニットは20m級D TM-18、走行化パーツはTT-03R (クロ)<クハ>及びTT-05(クロ)<クモハ・モハ>を指定、パンタグラフはPS16WN(0290)を推奨します。
●関連商品
◆鉄コレ動力TM-18(20m級D)
◆Nゲージ走行用パーツセットTT-03(クロ・車輪径5.6mm)<クハ>
◆Nゲージ走行用パーツセットTT-05(クロ・車輪径6mm)<クモハ・モハ>
◆(0290)PS16WN形パンタグラフ

※動力ユニット、走行用パーツセット、パンタグラフを先行予約締切日(9月1日20時)までに車両本体と同時注文いただくと、それぞれ定価の15%割引となります(ご注文確定後に割引処理されます)。


●当店でNゲージ化加工サービスをご注文いただけます。

選択画面よりご注文いただけます。
◆付属パーツの取り付けは別料金となります(穴あけ加工、パーツ取り付け ともに1箇所108円)
◆製品発売後に付属パーツの数量により、ご予約価格が変更となりますので、ご了承ください。
◆シールの貼り付けは行いません。ご希望の方はご要望欄からお知らせください(1箇所108円)

◆増結セットにも動力車を組み込みます

動力車なしや、動力車複数組込みなどのカスタマイズ注文が必要な場合は、下記より別途ご注文ください。
◆【鉄コレ加工】鉄道コレクション Nゲージ化加工
車両本体と動力ユニット、走行用パーツセット、パンタグラフを必要数ご注文ください。
(数量等ご不明な場合は、お問い合わせください)

鉄コレ