カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

KATO 10-1202/10-1203 489系(白山色)5両基本/4両増結セット

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

KATO 10-1202/10-1203 489系(白山色)5両基本/4両増結セット

メーカー希望小売価格:
9,240円(税込) 18,150円(税込)
価格:

7,854円 (税込) 15,428円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

価格

残数

購入

(10-1202) 5両基本セット

18,150円(税込)

15,428円 (税込)

×

(10-1203) 4両増結セット

9,240円(税込)

7,854円 (税込)

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
489系は、信越本線碓氷峠でのEF63との協調運転対応を485系に施した車両で、1971年に登場しました。
89年に車体色を白をベースに、ピンクとブルーのラインを入れた白山色に変更され、97年の横川-軽井沢間廃止後も、00年頃まで活躍しました。
●製品の特徴
◆特急「白山」、1997年頃の金沢総合車両所所属のH01編成をプロトタイプ
◆特徴ある6号車のモハ489-18 ラウンジ&コンビニエンスカー、その独特な窓配置と室内を的確に製品化
◆キノコ形クーラー(AU12形)搭載の初期車と、分散式や集中式クーラー(AU13/AU71形)を搭載した後期車を作り分け
◆先頭車は、JNRマーク撤去、2連ワイパーの前面窓、前面タイフォン位置スカート、列車無線アンテナ取付けのスタイル
◆ヘッドマークは「白山」を装着。交換用に「あさま」「はくたか」「能登」「臨時」が付属
◆側面方向幕・サボはシールが付属。「白山」をはじめ付属ヘッドマークに対応した行先を設定。号車番号は印刷済
◆上野寄り先頭車の1号車クハ489-501には、EF63と連結が可能なナックルカプラー標準装備
◆中間部の連結器はボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備
◆フライホイール付動力ユニット搭載
●その他・備考
◆セット内容
(10-1202):クハ489-501/サロ489-23+モハ488-203(M)/モハ489-2+クハ489-1
(10-1203):モハ488-207+モハ489-22/モハ489-18+モハ488-2

カトー Nゲージ鉄道模型

ページトップへ