カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

グリーンマックス(GM) 30491/30492/30493 東武30000系(伊勢崎線・旧ロゴ・行先点灯・車番選択式)6両/4両 各セット ※7月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

グリーンマックス(GM) 30491/30492/30493 東武30000系(伊勢崎線・旧ロゴ・行先点灯・車番選択式)6両/4両 各セット ※7月発売予定予約品※

予約期間:
2022年01月01日00時00分~
2022年02月06日17時59分
メーカー希望小売価格:
20,570円(税込) 30,580円(税込)
価格:

17,485円 (税込) 25,993円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

価格

残数

購入

(30491)6両セット(動力付き)

30,580円(税込)

25,993円 (税込)

販売期間外

(30492)4両基本セット(動力付き)

23,980円(税込)

20,383円 (税込)

販売期間外

(30493)4両増結セット(動力なし)

20,570円(税込)

17,485円 (税込)

販売期間外
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
東武30000系は1996(平成8)年から製造された通勤型車両で、東武初のワンハンドルマスコンの採用、側面大型行先表示機の搭載、営団半蔵門線(現東京メトロ半蔵門線)・東急田園都市線との相互直通運転対応機器の搭載など、新要素が多く採用されました。地下鉄半蔵門線との相互直通運転対応車両は10両編成ですが、当時の東武伊勢崎線内での検修設備の制限から6両+4両の10両編成で登場しました。製造時期により屋上ラジオアンテナ、客室窓の手掛けなどに差異が見られます。2006(平成18)年に50050型が登場すると、2011(平成23)年から順次東上線へと転属し2021(令和3)年にはすべての車両が東上線で活躍しています。
●製品の特徴
◆地下鉄直通機器を取り外し後、東上線転属までの期間をモチーフに製品化
◆車両番号が選択式
◆種別・行先表示、優先席、弱冷房車、車椅子 は付属ステッカー(新規製作)選択式
◆車両番号、乗務員室立入り禁止、社紋 は付属車両マーク(新規製作)選択式
◆列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
◆走行中はヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)が点灯
◆フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.30491・No.30492)
◆車端部付きロングシートパーツを搭載(トレーラー車のみ)
●その他・備考
◆セット内容
 No.30491 種別:- 行先:-
  クハ31600 + モハ32600 + モハ33600 + サハ34600 + モハ35600(M) + クハ36600
 No.30492 種別:- 行先:-
  クハ31400 + モハ32400(M) + モハ33400 + クハ34400
 No.30493 種別:- 行先:-
  クハ31400 + モハ32400 + モハ33400 + クハ34400


グリーンマックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ