カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

グリーンマックス(GM) 31630/31631 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成/61101編成)2両セット ※9月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

グリーンマックス(GM) 31630/31631 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成/61101編成)2両セット ※9月発売予定予約品※

予約期間:
2022年01月01日00時00分~
2022年05月30日19時59分
メーカー希望小売価格:
13,200円(税込) 16,280円(税込)
ご予約価格:

10,560円 (税込) 13,024円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

ご予約価格

残数

購入

(31630) 61102編成 2両セット(動力付き)

16,280円(税込)

13,024円 (税込)

(31631) 61101編成 2両セット(動力無し)

13,200円(税込)

10,560円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
野岩鉄道6050型は1986年の開業時に61101編成と61102編成が東武鉄道から譲渡され運行を開始し、1988年に61103編成が新造され3編成体制となりました。1990年10月には会津鉄道会津線が会津高原・会津田島間で電化開業し、同系の会津鉄道6050型や東武鉄道6050型と併結され、東武鉄道浅草~会津鉄道会津田島間を通して快速・区間快速として運転されました。2019年には3編成とも霜取り用パンタグラフが増設され2パンタ仕様となりました。東武日光線・鬼怒川線でのワンマン運転開始に伴い、2022年3月のダイヤ改正より鬼怒川温泉~会津高原尾瀬口間のみでの運用となっています。61101編成は2022年3月30日に運用を離脱し、廃車回送されました。
●製品の特徴
◆現在も活躍を続ける野岩鉄道所属6050型を製品化
◆2パンタ仕様となった2019年以降の姿を再現
◆車両番号、野岩鉄道ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
◆前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
◆列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
◆ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
◆臭気抜きは一体表現
◆ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
◆フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.31630)
●関連商品
◆東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両セット(動力付き)
◆東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両セット(動力無し)
◆ありがとう会津鉄道6050型 2両セット(動力付き)
●その他・備考
◆セット内容
 No.31630 種別:- 行先:-
  モハ61102(M) + クハ62102
 No.31631 種別:- 行先:-
  モハ61101 + クハ62101


グリーンマックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ