カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

グリーンマックス(GM) 31819/31820/31821/31822 名鉄7700系 白帯車1990(妻面窓 付き/無し)基本/増結 2両セット ※4月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

グリーンマックス(GM) 31819/31820/31821/31822 名鉄7700系 白帯車1990(妻面窓 付き/無し)基本/増結 2両セット ※4月発売予定予約品※

予約期間:
2023年11月21日12時00分~
2023年12月04日19時59分
メーカー希望小売価格:
13,420円(税込) 16,500円(税込)
ご予約価格:

10,736円 (税込) 13,200円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

ご予約価格

残数

購入

(31819) 妻面窓付き 基本セット(動力付き)

16,500円(税込)

13,200円 (税込)

(31820) 妻面窓付き 増結セット(動力無し)

13,420円(税込)

10,736円 (税込)

(31821) 妻面窓無し 基本セット(動力付き)

16,500円(税込)

13,200円 (税込)

(31822) 妻面窓無し 増結セット(動力無し)

13,420円(税込)

10,736円 (税込)

●実車と製品について
名鉄7700系は1973年に7000系パノラマカーの支線特急用として登場した車両で、パノラマカーと共通の片開き扉と連続窓が特徴の外観ながら前面が貫通タイプとなっています。4両固定編成と2両固定編成が登場しましたが、1991年には全ての編成が特急専用の白帯化と2両固定編成化されました。その後の特急運用から引退後は再びスカーレット一色とされ、2001年の三河線ワンマン運転開始に伴い、三河線を中心に活躍しました。1992年以降は、名鉄のコーポレートマークである「M」のマークが車体側面に掲示されました。
●製品の特徴
◆1990年~1992年頃の白帯車・コーポレートマーク貼付け前の名鉄7700系2両編成
◆付属のダミーカプラーによって電連の有無を選択可能
◆車両番号は印刷済み
◆ステッカー(新規製作)が付属。前面行先・種別板、号車表示、側面特急表示を収録
◆列車無線アンテナ、電話アンテナはユーザー取付け
◆信号炎管、ヒューズボックス、避雷器は一体彫刻表現
◆ヘッドライト(電球色)、テールライトが点灯
◆フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.31819・31821)

■前回製品(No.4542-4545)との違い
◆新規製作のステッカーが付属
◆車両番号の変更
◆コアレスモーター動力ユニット搭載
◆ヘッドライト電球色化
●その他・備考
◆セット内容
 (No.31819)7701 + 7702(M)
 (No.31820)7707 + 7708
 (No.31821)7709 + 7710(M)
 (No.31820)7715 + 7716


グリーンマックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ