カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

マイクロエース A7779 サロ110-300番代 湘南色 2両セット

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

マイクロエース A7779 サロ110-300番代 湘南色 2両セット

メーカー希望小売価格:
11,990円(税込)
価格:

10,192円 (税込)

購入数:

在庫店

残数

購入

しんゆり店

×

平塚店

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
東北・上越新幹線が開業した1982年11月のダイヤ改正では多くの在来線特急電車の整理縮小が行われ、グリーン車を中心に経年の浅い余剰車が生じていました。その一方で東海道線東京口で使用されていた近郊型グリーン車は1950年代製の車両を中心に老朽化が進行しており、折からの国鉄財政も勘案して特急型グリーン車の近郊型転用が行われることになり、デッキの増設や電気回路の変更、塗装変更、4か所の開閉窓化などが行われてサロ110に編入されました。
サロ110-303は481系のグリーン車、サロ481-27として1969年に落成、1978年に181系「とき」用として直流転用改造されてサロ181-1052となった後、1983年に近郊型転用改造が行われました。直流改造車の300番代に区分されましたが、その来歴から交直流改造車の350番代に類似した、481系由来の客用扉下の張り出しやキノコ型のクーラーが外見上の特徴です。サロ110-309は183系0番代のグリーン車、サロ183-11として1972年に落成、1987年に近郊型改造されました。当初は別の転用計画に基づき保管されていたものの、計画変更によって転用改造されたとも言われています。
特急型転用改造車は座席定員が48名と少ないことからラッシュ時に問題が生じ、極力定員の多い2階建てグリーン車と組み合わせて運用されるなどの工夫が行われましたが、徐々に引退が進み、最終的には横須賀線用のサロ110-1302が1998年に引退することでその波乱の歴史の幕を閉じました。
●製品の特徴
◆湘南色の元特急型サロ110-300番代
◆キノコ型クーラー搭載の元481系のサロ110-303は、350番代と異なるサボ受け位置を再現
◆元183系のサロ110-309は、ヨロイ戸タイプのAU13型クーラーを搭載
※走行には別途動力車が必要です(お手持ちの113系と組み合わせてご使用いただけます)
●その他・備考
◆セット内容
 サロ110 303 / サロ110 309


マイクロエース Nゲージ鉄道模型

ページトップへ