カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

グリーンマックス(GM) 31689/31690 小田急1000形更新車(1091編成)基本4両/増結用中間車6両 各セット ※4月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

グリーンマックス(GM) 31689/31690 小田急1000形更新車(1091編成)基本4両/増結用中間車6両 各セット ※4月発売予定予約品※

メーカー希望小売価格:
23,100円(税込) 47,300円(税込)
ご予約価格:

18,480円 (税込) 37,840円 (税込)

購入数:

バリエーション

在庫店

メーカー希望小売価格

ご予約価格

残数

購入

(31689) 基本4両セット

しんゆり店

23,100円(税込)

18,480円 (税込)

平塚店

23,100円(税込)

18,480円 (税込)

(31690) 増結用中間車6両セット

しんゆり店

24,200円(税込)

19,360円 (税込)

平塚店

24,200円(税込)

19,360円 (税込)

(31689+31690) 基本+増結 10両組

しんゆり店

47,300円(税込)

37,840円 (税込)

平塚店

47,300円(税込)

37,840円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
小田急1000形は1988(昭和63)年に小田急初のステンレス車体やVVVFインバーター制御を採用し登場した車両です。運用は小田原線をはじめ江ノ島線・多摩線など幅広く運用されており、かつては地下鉄千代田線への直通運転にも充当されていました。4両・6両・8両・10両編成とバラエティに富んだ編成があり、4両・6両編成は他形式と連結した運用も行なわれています。2015年頃より走行機器や車内インテリアにリニューアル工事を施した、更新車が登場し運用を開始しました。製品化する1091編成は2018年にリニューアルされた10両貫通の編成です。
●製品の特徴
◆小田急1000形更新車10両貫通編成を新規金型にて製品化
◆一体型床下機器・中間連結部の貫通幌を標準装備など新機軸を導入
◆車両番号、OERマーク、ブランドマークは印刷済み
◆前面・側面種別行先表示、優先席(車体用・窓用)、号車表示、弱冷房車、女性専用車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
◆列車無線アンテナ、ヒューズボックス、WiMAXアンテナ、前面手すりはユーザー取付け
◆前面渡り板、中間連結部の貫通幌は取付け済み
◆ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
◆フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.31689)
◆車端部付きロングシートパーツを実装(動力車を除く)
●その他・備考
◆セット内容
 No.31689 種別:- 行先:-
  (10) 1091 + (3) 1391 + (2) 1441(M) + (1) 1491
 No.31690 種別:- 行先:-
  (9) 1041 + (8) 1141 + (7) 1191 + (6) 1291 + (5) 1241 + (4) 1341


グリーンマックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ