カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

TOMIX 98489/98490 72・73形(南武線)4両/(鶴見線)3両 各セット ※12月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

TOMIX 98489/98490 72・73形(南武線)4両/(鶴見線)3両 各セット ※12月発売予定予約品※

メーカー希望小売価格:
15,840円(税込) 18,810円(税込)
価格:

13,464円 (税込) 15,989円 (税込)

購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

価格

残数

購入

(98489) 72・73形(南武線)4両セット

18,810円(税込)

15,989円 (税込)

(98490) 72・73形(鶴見線)3両セット

15,840円(税込)

13,464円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
72・73形は製造年により車体のデザインが異なり、1954年度以降に製造されたモハ72形500番代は屋根の高さが旧63形由来の車両より低くなり台車もDT17(後期グループはDT20)形に変更されました。
72・73形は1960年代以降首都圏近郊や地方線区に転用されましたがこれに伴う短編成化の際に不足する先頭電動車はモハ72形の改造でまかなわれ、旧63形由来のモハ72形改造車は近代化改造も合わせて実施の上でクモハ73-500形となり、モハ72-500形の改造車はクモハ73-600形となりました。
クモハ73-600形のうち偶数車はパンタグラフが後位側に存在していたのが特徴で、首都圏近郊路線で使用されました。
南武線では1960年代~1978年まで72・73形が使用され、当初はホーム長さの関係から川崎~稲城長沼は6両、稲城長沼~立川は4両での運用でしたが、1976年より全線で6両運転が行われるようになりました。
鶴見線の72・73形は1972年の導入時には旧63形由来の車両がほとんどでしたが、1978年に南武線からの同形転入で大半が近代化改造・アコモ改善車となり、1980年の大川支線を除く新性能化まで使用されました。
●製品の特徴
<共通>
◆ハイグレード(HG)仕様
◆ベンチレーター・避雷器は取り付け済み
◆ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ONーOFFスイッチ付
◆ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
◆配管付き密連形TNカプラー(SP)装備
◆先頭車運転台側は胴受けの小さいTNカプラー装備
◆Hゴムはグレーで再現
◆<98489>南武線セットと<98490>鶴見線セットを組み合わせることで南武線で見られた4両+2両の6両編成を再現可能
◆車番は選択式で転写シート付属
◆フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
◆M-13モーター採用

<98489>について
◆モハ72-500形、クモハ73-600形(偶数車)を新規製作で再現
◆モハ72-500形、クモハ73-600形は窓がアルミサッシ化されたアコモ改善車を再現
◆モハ72-500形、クモハ73-600形の台車はDT17形を新規製作で再現
◆クハ79形は全金車、サハ78形は三段窓の残る車両を再現
◆前面表示部はカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
◆前面表示部、前面サボは印刷済みパーツ選択式で「立川・川崎・登戸・稲城長沼」付属。前面サボは<98490>で増結車を再現する際などに使用可能

<98490>について
◆近代化改造が施されたクモハ73形と全金車のモハ72-920形3段窓が残ったクハ79-300形の3両編成を再現
◆クハ79-300形は前面窓が傾斜しヘッドライトが屋根上に装備されたグループを再現
◆クモハ73形の前面表示部はカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
◆前面サボは印刷済みパーツ選択式で「鶴見-扇町・鶴見ー海芝浦」付属
●その他・備考
◆セット内容:
 (98489) クハ79 + モハ72(M) + サハ78 + クモハ73
 (98490) クハ79 + モハ72(M) + クモハ73

トミックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ