カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

TOMIX 98741/98742/98743 14系「八甲田」6両基本/3両増結A/14・50系「八甲田・MOTOトレイン」3両増結セットB ※8月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大5%ポイント還元!

TOMIX 98741/98742/98743 14系「八甲田」6両基本/3両増結A/14・50系「八甲田・MOTOトレイン」3両増結セットB ※8月発売予定予約品※

メーカー希望小売価格:
6,380円(税込) 14,300円(税込)
ご予約価格:

5,104円 (税込) 11,440円 (税込)

購入数:

バリエーション

在庫店

メーカー希望小売価格

ご予約価格

残数

購入

(98741) 14系「八甲田」6両基本セット

しんゆり店

14,300円(税込)

11,440円 (税込)

平塚店

14,300円(税込)

11,440円 (税込)

(98742) 14系「八甲田」3両増結セットA

しんゆり店

6,380円(税込)

5,104円 (税込)

平塚店

6,380円(税込)

5,104円 (税込)

(98743) 14・50系「八甲田・MOTOトレイン」3両増結セットB

しんゆり店

8,910円(税込)

7,128円 (税込)

平塚店

8,910円(税込)

7,128円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
14系座席車は1972年に登場した固定窓・簡易リクライニングシートを備えた客車です。
急行「八甲田」は国鉄時代の1961年に登場した客車列車で上野-青森を東北本線経由で結んでいました。
東北新幹線開業など情勢の変化により多くの急行列車が廃止、臨時格下げなどが行われる中、「八甲田」は国鉄民営化後の1993年まで定期列車として運転されました。
MOTOトレインは1986年に登場した上野-函館間をバイクと共に移動できる列車で、上野-青森間は八甲田に併結される形で運転されました。
1988年の青函トンネル開業後、MOTOトレインを併結した八甲田は青森到着後そのまま臨時「海峡」として函館まで運転されていました。
●製品の特徴
◆青函トンネル対応車に取り付けされた発電機カバーを新規製作で再現
◆14系座席車はドア部に白帯のない姿を再現
◆「八甲田」だけではない臨時列車も再現可能

<98741・98742>について
◆スハフ14形の青函トンネル対応車に取り付けされていた発電機カバーを新規製作で再現
◆ジャンパ栓受が車体にある後期型を再現
◆ドア部の白帯が無い姿を再現
◆シートは緑色で再現
◆テールライト、トレインマークは白色LEDによる点灯
◆テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
◆スハフ14形の発電用エンジンはグレーで再現
◆スハフ14・オハフ15形のトレインマークは「急行」印刷済み
◆Hゴムはグレーで再現
◆JRマーク印刷済み
◆車番は選択式で転写シート対応(基本セットのみ付属)
◆新集電システム、黒色車輪採用

<98743>について
◆Hゴムはグレーで再現
◆車番は選択式で転写シート付属
◆新集電システム、黒色車輪採用

■マニ50形について
◆トイレ窓の埋められた姿を再現
◆テールライトは2両でそれぞれ異なる向きが点灯
◆1両は片側にダミーカプラー・ジャンパ栓装着済み
◆窓ガラス保護棒印刷済み
◆「MOTOトレイン」ロゴや「荷物」表記は印刷済み
◆テールライトは常点灯基板装備
◆テールライトは赤色LEDによる点灯

■オハネ14形について
◆ドア部の白帯のない姿を再現
◆非常口の埋められた姿を再現
◆3段ベッドシートを表現
◆ハシゴパーツを再現し装着済み
●その他・備考
◆セット内容
  (98741):スハフ14 + オハ14 + オハ14 + オハ14 + オハ14 + スハフ14
  (98742):オハ14 + オハ14 + オハフ15
  (98743):オハネ14 + マニ50(MOTOトレイン) + マニ50(MOTOトレイン)


トミックス Nゲージ鉄道模型

ページトップへ