カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

TOMIX HO-422/HO-423 (HO)キハ40 2000形 (首都圏色)M車/T車 ※3月発売予定予約品※

web会員なら、更に最大1%ポイント還元!

TOMIX HO-422/HO-423 (HO)キハ40 2000形 (首都圏色)M車/T車 ※3月発売予定予約品※

メーカー希望小売価格:
17,270円(税込) 29,370円(税込)
ご予約価格:

14,680円 (税込) 24,965円 (税込)

[ポイント還元 146ポイント~]
購入数:

バリエーション

メーカー希望小売価格

ご予約価格

残数

購入

(HO-422) キハ40 2000形 M車

29,370円(税込)

24,965円 (税込)

(HO-423) キハ40 2000形 T車

17,270円(税込)

14,680円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

●実車と製品について
キハ40系は、当時老朽化していたキハ10系ディーゼルカーなどの後継車として国鉄が開発した一般形ディーゼルカーで、1977年に登場しました。
それまでの一般形ディーゼルカー異なる、裾を絞った大型の車体を採用するなど、居住性の向上が図られました。
単行でも運用可能な両運転台と片運転台の車両が用意され、片運転台にはトイレの有無による違いがありました。
各地域向けとして、北海道の酷寒地向けや東北などの寒地向け、温暖な地域用の暖地向けを含め、様々な仕様が製造されました。
全国各地の非電化路線を中心に総数888両が活躍しました。
キハ40系は製造当初より朱色5号1色塗装の首都圏色と呼ばれる姿で登場しました。
キハ40形2000番代は両運転台の暖地向け車両で、側面の窓は2段上昇式のサッシ窓を採用し、西日本を中心に一部は関東や東北でも運用されました。
現在は数を減らすも、塗装変更や更新工事など姿を変えながら各地のローカル線や一部は私鉄にも譲渡され、活躍を続けています。
●製品の特徴
<共通
◆キハ40形2000番代の特徴である、2段上昇式サッシ窓の姿を、ボディや窓ガラスを新規製作で再現
◆キハ40系が登場時に搭載していた、オリジナルのDMF15エンジンなど、床下を新規製作で再現
◆キハ40形2000番代を登場時の朱色5号1色塗装の首都圏色で再現
◆Hゴムはグレーで再現
◆前面のジャンパ栓表現は、ホースまたは栓受けを選択取付可能
◆前面のタイフォンは付属の別パーツで、シャッター形またはスリット形のどちらか選択取付可能
◆前面表示部は交換式で、印刷済みパーツ「普通(紺地)・快速」を付属
◆側面表示灯はクリアパーツで取付済み
◆一部表記類は印刷済み
◆車番・検査表記・所属表記は選択式で転写シート付属
◆ヘッド・テールライト、前面表示部はON-OFFスイッチ付
◆ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LED、前面表示部は白色LEDによる点灯
◆後方時の運転室内が点灯する運転室室内灯装備
◆運転室室内灯はスイッチの切り替えにより、運転台が中間に入った時のヘッド・テールライト非点灯時でも点灯している状態に再現可能
◆密自連形TNカプラー標準装備
◆最小半径R490通過可能(S字形の線形を除く)

<HO-422>について
◆フライホイール付モーターを搭載したモーター車仕様
◆キヤノン製モーター採用

<HO-423>について
◆<HO-422>のトレーラー仕様
●その他・備考
◆セット内容:
(HO-422) キハ40 2000(M)
(HO-423) キハ40 2000(T)


トミックス HOゲージ鉄道模型

ページトップへ